実用言語データ処理マスターコース(オンライン)

料金:73,000円(税別)
支払い方法:Paypal決済or銀行振込
フォーム送信後、ご入力いただいたメールアドレス宛にお支払い方法をご案内します。

概要

ネットやSNSなど、さまざまなテキストデータで溢れている現代。
 


「テキストデータを解析したいけど、何すればいいか分からない…」
「機械翻訳やキーワード抽出を実装してみたい!」

 


そんな要望に応えて、自然言語処理の基礎から応用までを網羅的に学べる講座を作成しました!
 


【この講座の特徴】
- 自然言語処理を1から学べる
- 最新のディープラーニング手法(BERT)などまで学べる
- 課題の添削やチャット質問に無制限で対応
- 時間や場所にとらわれないオンライン形式
- 学習効率を徹底的に考えて作り込まれたコース設計


講座内容

1. 基礎編
- テキストファイルの入出力
- 形態素解析
- 単語の正規化・正規表現・pickle
- word2vec理論と実装
- 文書のベクトル化
- 機械学習による文書分類
 


2. 実務編
- TF-IDF
- doc2vecとSCDV
- 文書ベクトルのクラスタリング
- キーワード抽出
- Embedrank++によるキーフレーズ抽出
- Lexrankによる重要文抽出
 


3. 応用編
- LSTMによる文書分類
- Seq2Seqによる機械翻訳
- BiLSTM-CRFによる固有表現抽出
- Self-AttentionとBiLSTMによる文書分類
- Transformerによる機械翻訳
 


4. ケース演習課題
 自由に分類モデルを作成し、実際のデータを用いて精度を測ります


受講条件

必須条件】
- Pythonの基礎構文を理解していること
        - if文・for文
        - リスト
        - 辞書
        - 自作関数
- Pythonの基本的なモジュール(numpy/pandas)が使えること
 


【推奨条件】
- Pythonのクラス構造を理解していること
- Pytorchモジュールが使えること


サポート体制

受講開始から半年間、サポートを受けられます。
また、日曜日は定休日のため各種対応は月曜以降となります、ご了承ください。
 


- チャット質問対応(24H無制限受付)
slackを使用し、原則質問から1日以内を目処に回答致します。
 


- オンライン面談(期間中1回、任意)
slackの通話機能を使い、学習で特に困っていることなどを直接講師にご相談できます。15分程度。
 


- ケース演習課題のコード添削(無制限)
合格にたどり着けるまで、何度でもコードを添削し、コメントをつけてお返しします。


修了証発行条件

1. コース進捗率を100%にする
全動画の閲覧、クイズ・試験の合格等が必要です。
 


2. ケース演習課題の提出と面談での発表
ケース演習課題が合格基準を満たしていた場合、担当講師とフィードバック面談(15分程度)を実施していただきます。
      - 面談ではまず受講生の方が、課題で行った工夫点・どういった意図でコードを組んだか等を発表します。
      - 次に講師より、それを受けての講評や改善策の提示等のフィードバックを行います。
 

利用規約(必読)


 

フリーター・フリーランスの方はその旨お書きください
銀行振込の方はお振込名義の記入をお願い致します
※領収書が必要な方は、こちらにご希望の宛先(とご担当者名)をお書きください。
フォーム上部に記載の利用規約を必ずご一読ください

  

   プライバシーポリシーに同意する